辛い月経困難症の改善体験

体を冷やさない気を付けること

月経困難症を改善月経困難症とはどんな病気か

病気?生理痛がひどい!体を冷やさない気を付けること完全に月経困難症が改善できるのか?

冷えが原因で生理痛がひどくなるのは、女性なら誰もが知っていることでしょう。
生理中はお腹や腰にカイロを貼ったり、身体を締め付ける服は着ないように気を付けました。
でも一番大事なのは毎日の生活習慣で、生理中で無くとも身体を冷やしません。
内側から温めるために、生姜を入れた紅茶を毎日飲むことを習慣にしています。
甘さが欲しい時は黒砂糖を入れるのがおすすめ。
上白糖は身体を冷やす作用があるので、できるだけ料理なども黒砂糖やきび砂糖を使っています。
会社ではクーラーなどで冷えすぎないように、ひざ掛けで調節です。
そして夏でもシャワーだけで済まさずに、ゆっくりと湯船に浸かるようにしました。
適度に身体を動かすことも血行改善につながるので、おもにストレッチをして身体を動かします。
どうしても運動が苦手なので、少しでも身体がほぐれるように休憩時間などもいつもストレッチをしています。
色々と気を付けることが多く感じますが、これらを続けて当たり前の生活にしてしまえばそこまで苦ではありません。
今の所半年ほど身体を温める生活をしていますが、生理痛が以前より楽になった気はします。
まあ鎮痛剤は飲んでいますが、ギューッと痛くなる感じが減ったのは確かです。
もともと貧血気味で、生理中はめまいがすることも多いので貧血改善も同時にしています。
以前は鉄剤を処方されたこともありましたが、どうも合わないみたいで気持ち悪くなるのです。
鉄剤ほどの効果は無いかもしれませんが、やはり食生活に取入れるのが一番手っ取り早いです。
積極的に食べているのは高野豆腐や小松菜です。